スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今人気の車ブログは人気blogランキング
--.--.--(--:--) | スポンサー広告 | ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドリングストップ補助金の概要

アイドリングストップ補助金は以下の2車種が対象となっています。

・トヨタ ヴィッツ アイドリングストップ仕様 F/B"Intelligent Package"

・ダイハツ ミラ アイドリングストップ仕様、CVT車 (X Limited "SMART DRIVE Package")

厳密に言うとトラックに12車種、タクシーに3車種ありますが、自家用車としては上記の車種です。

補助金額はトヨタ ヴィッツが上限3万円、ダイハツ ミラが上限4万円です。  
 
ただし、車購入時に値引きをしてあるとその分、補助金は少なくなりますので、車両本体価格で値引きをしてもらうのでなく、付属品のところで値引きを入れてもらいましょう。

これはプリウスの行政補助金と一緒ですね。

補助金の申請タイミングは車を契約直後に行いましょう。

新車を登録したり、車代を入金した後、申請したら無効となりますので注意しましょう。

まず、申請書を省エネルギーセンターに出し、受理されたら車検証コピーと車代の領収書コピー、それに注文書コピーを実績報告書と一緒に出すと、あなたの口座に振り込まれます。

プリウスの行政補助金のように承認条件は厳しくなく、下取車が無くても結構ですし、補助金をもらった後、何年以上所持しなければいけないといった規制はありません。

恐らく、このアイドリングストップ補助金は知らない方が多いので、これを見られた方はお得ですよ!
スポンサーサイト


今人気の車ブログは人気blogランキング

<<クラウンがフルモデルチェンジ | ホームへ | ヴィッツはアイドリングストップする車>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinking.blog62.fc2.com/tb.php/119-b7dc2818
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。